歯周病治療(PDT治療)

PDT(Photo dynamic therapy)は光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムす。医科でもがん治療やニキビ治療などに有効で積極的に取り入れられています。

歯周病の現状

 25歳以上の約80%の人が歯周病と言われています。歯周病は歯茎と骨に大きなダメージを与えるため、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。また最近の研究では心筋梗塞狭心症にも大きく関わっていると言われています。歯周病は単なる口腔内だけの病気ではなく全身の健康に関わっているのです。

 人の口の中には約500種類以上の細菌が生息しています。その中の数種類の菌が歯周病を引き起こし炎症が起こり始めます。従来、歯周病菌に対する処置方は抗生物質の投与が一般的でした。しかし、抗生物質は細菌に対し非常に有効ですが、長期使用により耐性菌が生産され、あまり効かなくなってしまうのです。

PDT治療の特徴

  • 薬を一切使用しない

  • 耐性菌が発生しない

  • 副作用が起こりにくい

  • 全く痛みを伴わない

  • 手軽に何回でも処置できる

適応症例

歯肉炎、歯周炎、根管治療、インプラント周囲炎、ヘルペス、口内炎、カンジダ炎​

治療できない場合

​無カタラーゼ症の方(体内中のカタラーゼが不足し、過酸化水素が分解できなくなる病気)

光過敏性発作の方(視覚に飛び込んだ光刺激に対する異常反応の症状)

クロルへキシンアレルギーの方

PDT治療の流れ

轟病院ではPDT治療に「ぺリオウェーブ」システムを使用しています。
ぺリオウェーブは人体に安全で、熱による侵収も無く痛みを伴いません。

​ メチレンブルーを主成分とするバイオジェルを歯周ポケットに注入し赤色の無熱レーザーを1分間照射します。するとバイオジェルとレーザーが反応し局所的にラジカルを発生させ細菌を死滅させます。おおよそ1000〜1万分の1まで減らせるといわれています。これは従来の方法の10から100倍の効果です。

(バイオジェルは飲み込んでも問題ありません)

上) 光を照射する機械  下)バイオジェル

無熱レーザーを照射しているところ

治療例

通常1回~3回の処置で改善します。
改善後も予防のため、半年おきの診療をお奨めします。

歯茎全体の腫れが改善しています。特に歯と歯の間に顕著に現れています。

料金

1本1回1500円

​​           症状の程度で1回〜3回の治療を行います

〒382-0000

須坂市須坂1239