看護部理念

患者さん・ご家族の気持ちに沿った温かい思いやりのある看護・介護を提供します

看護部基本方針

1・患者さん・ご家族の意思を尊重し、安全でやさしい看護・介護を実践します

2・他職種他部門と連携・協働してチーム医療の向上に努めます

3・職員個々の成長と、職業人としての能力開発のための環境と機会を提供します

​4・地域の関係機関・関係職種との連携により、在宅療養支援を含めた質の高い看護・介護を提供します

看護部長挨拶

「患者さんとご家族の気持ちに寄り添い、温かい、思いやりのある看護と介護を目指して」

 轟病院は地域の皆様に愛され、地域に貢献できる病院でありたいと考えています。

 私たち看護部職員は、患者さんとご家族の意思を尊重し、安心でやさしい看護と介護の実践に努めます。

​「轟病院に来てよかった。大切な家族を安心して任せられる」そう思っていただけるよう日々努力してまいります。​拙きところもあるかとは思いますが皆様のご協力もえてより良い轟病院の看護部にしてまいりたいと思っております。

働いている人の声

看護部の中で数少ない男性職員として頑張っています。

笑顔と思いやりをモットーに患者さまやスタッフに日々、笑顔の感染を広めていきたいと思います。

慢性期特有の大変さもありますがそれと同時にやり甲斐も感じています。

​男性看護師の皆さん是非一緒に働きましょう。

私が3階病棟で働き始めて1年がすぎました。産休・育休・一時退職はしましたが合わせるともう6−7年ほどお世話になっているかと思います。

​そんな私ですがいつも感じることは入職される方また復帰される方にとても親切な病院だということです。職員一人一人がお互いを大切にしあっていると感じます。同じ職場の人を大切にできるということはそれだけ患者さんに対しても同じことができるのではないかなと思います。日々患者さんと触れ合う中で働きがいを感じるのは、普段あまり意思の疎通ができない患者さんでも私の声がけに対して返事をしてくれたり何らかの反応があったときです。そのような時はとても嬉しく感じます。いつも心がけているのは「もしこの患者さんが自分の家族だったら・・。」ということです。そういったことを絶えず心に置き、病棟の諸先輩方にアドバイスや助言をいただきながらこれからも日々勉強し新しい知識を身につけ楽しく働きたいと思います。

入職して1年になります。1年前院内を案内していただいた時、職員のみなさんが明るくあいさつを返してくださり雰囲気の良い病院だなとおもいました。病棟では認知症の患者さんや寝たきりで話ができない患者さんが多いですが、声かけに応じてくれたり​目を合わせてくれたりにっこり笑ってくれるときがあります。そしてありがとうと言ってくださるときもあります。そんな患者さんの一つ一つの反応にやりがいを感じて働いています。これからも患者さんの少しの変化も見逃さないよう看護していきたいと思っております。

5年ほど前から働いています。3人の子供がいて子育てと仕事を両立できるように勤務を調整してもらっています。

子供の体調が悪く急にお休みを頂くこともあるのですが、子供の事を心配して声をかけてくれたりと、職場の方々は優しい方ばかりでとてもありがたく感じています。

職場では患者さん一人ひとりに対しどのようにすれば苦痛がなく入院生活を送ることができるか他の職種の方々と協力しながら働いています。これからも自分に任せられた仕事を責任を持って果たしていきたいと思います。

10年ぶりに医療現場へ戻ってきました。 外来で診療介助、検査介助、転院患者さまの入院調整、ALS等難病患者さま のレスパイト入院の対応を行っています。高齢者や難病患者さまの対応は大変 ですがやりがいもあります。スタッフと助け合いながら楽しく働いています。

勤め始めて二年がたちました。まだ保育園の子供の育児をしながらですが頑張って働いています。先輩スタッフの支えもあり子供の急病にもすぐに対応してもらえます。とても働きやすい職場だと思います。

仕事内容も多様ですが日々勉強しながら頑張っていきたいです。

子育て支援

付属の保育園『ToDo保育園』があります。見学も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

〒382-0000

須坂市須坂1239