眼瞼下垂手術

・眼瞼下垂とは              ・眼瞼下垂の種類 
・手術の方法               ・治療の流れ 

眼瞼下垂とは

 眼瞼下垂とは加齢や外傷などの原因により目を開ける力がうまくまぶたに伝わらなかったり、まぶたが上がりづらかったり、上まぶたの皮膚のたるみなどの何らかの原因で上まぶたが垂れ下がったままの状態になってしまっていることを眼瞼下垂と呼びます。生まれつき眼瞼が下垂している「先天性眼瞼下垂」とよばれる状態もあります。

 目の開きが悪いため、眠たそうな印象を与えたり、片側の場合は目の左右差となって症状が現れます。

日常的に、無意識のうちに一生懸命目を開けようとするのでおでこに皺が寄ったり、それによって疲れを感じる方もいます。治療してもなかなか治らない頭痛や肩こりの原因が実は眼瞼下垂だったということもあり。治療によってそれらの症状を改善することが可能です。

「視界が狭い」「まぶたが重い」「肩こり」「片頭痛がある」などはもしかしたら眼瞼下垂手術で解決できるかもしれません。これらの症状でお悩みの方はぜひともごそうだんください。保険診療にて治療ができます。

  ※完全に美容目的のものは、自費診療となります

 

眼瞼下垂の種類

先天性眼瞼下垂

 生まれつきまぶたが下がっている状態が特徴の眼瞼下垂です。原因はまぶたを上げる筋肉がうまく発達せず、代わりに硬くて伸びにくい線維組織が多く混じってしまうことです。

後天性眼瞼下垂

 大人になってからなる眼瞼下垂のほとんどは加齢の影響によるものです。加齢や外傷などの原因によりまぶたが垂れてきてなる眼瞼下垂です。ハードコンタクトレンズを長年つけていた方や眼を開ける器械を使って眼の手術を行った方にも起こりやすい症状です。殆どの場合は腱膜性眼瞼下垂という 年齢とともに少しずつまぶたを上げるまう事が原因となり発症するケースが多いです。

 まぶたを上げる筋肉の力はほぼ正常なのですが、筋肉がまぶたに付着する腱膜が弱ってしまったり、はがれたり、穴が開いたりすることが原因と考えられています。

 

手術の種類・方法

​挙筋前転法

本来眼瞼挙筋と瞼板がしっかりと付着している必要があります。ところが、何らかの原因によって眼瞼挙筋と瞼板を介する挙筋腱膜が延びたり緩んだりしてしまうと、まぶたを上げる力が弱まってしまい眼瞼下垂となります。そこで、挙筋前転法は、挙筋腱膜を瞼板に再固定することでまぶたを上げる力を取り戻すことを目的として行われます。

筋膜移植法

 前頭筋というおでこの筋肉の働きによって眉毛を上げたときにまぶたも連動して上がるようにするための手術です。 

 片方の太ももの外側を数㎝程度切開して筋膜を採取します。この筋膜を、二重のライン又はまつげの近くに沿って皮膚を切開し、眼輪筋(まぶたを閉じる筋肉)の下に移植します。筋膜の下方はまぶたの形の支えになっている瞼板(けんばん)に固定し、上方は眉毛の上にある前頭筋という眉毛を上げる筋肉に固定します。
 

挙筋前転法.png
 
 

治療の流れ

​手術時間

日帰りで手術ができます。

手術時間は両目でおおよそ90分~120分程度です。

ダウンタイム

 手術当日から翌日、翌々日ぐらいが一番腫れます。一週間後に抜糸しますが、そこまでに腫れが6割ほど引きます。

内出血があっても5日から10日目までには吸収されます。

術後1か月で7~8割の腫れが引きます。

​術後3か月でほぼ完成します。しかしその後も様子を見ていきます。